バストの悩みを解決!バストアップの秘訣教えます。|バスト楽ナビ

バストアップしたい方、バストの大きさなどのコンプレックスにお悩みの方、垂れているバストに困っている方、バストにハリがない方、バストに自信がない方など胸の悩みをズバリ解決します。ブラの使用シーン・選び方や胸の病気・胸のケアの解説はもちろん、女性の方皆さんに知ってほしい情報が満載です。

ヨガやジムでブラジャーは必要?つけるならスポーツブラが便利な理由

time 2016/09/27

ヨガやジムでブラジャーは必要?つけるならスポーツブラが便利な理由

この記事は約 3 分で読めます♪


ヨガやジムに通うときの服装は汗もかくため軽装の方が多いのではないでしょうか。そのときのブラジャーはどんなものがいいの?着けないほうが動きやすいの?などさまざまな疑問を解決して行きます!

 

ヨガやジムでブラジャーは着けるべき?

Workout clothes - fitness outfit and running shoes. Overhead of clothing ready for lifting weights at the gym or at home, laying on a yoga mat on the floor. Matching orange t-shirt and sneakers.

ヨガやジムは運動により汗をかくので厚着をする方はいないと思います。ある程度服装は自由で、よく皆さんが連想される格好は、Tシャツやタンクトップとショートパンツなどの上下やジャージなどの組み合わせが多いのではないでしょうか。

いずれにせよ軽装で運動をしやすい格好を選ぶことが多いので、その中でノーブラというわけにはいきませんよね。とはいえ、日常つけているブラジャーだと、動きにくさを感じたり、ワイヤーが気になったりと動きに集中できなくなってしまいます。ヨガやジムなどでは、「スポーツブラ」の着用をおすすめします。

 

ジムでも!ヨガでも!運動にはやっぱりスポーツブラがオススメ

スポーツブラはジョギングやテニスなど激しい運動用と思っている方もいるかもしれませんが、激しい激しくないかかわらず、体を動かすのであれば「スポーツブラ」を着用するようにしましょう。

その理由の1つは、汗の速乾や吸収性に優れているためです。運動すれば汗をかきますがそれにきちんと対応してくれるのが「スポーツブラ」なのです。通常のブラで運動をして汗をかいて放置すると、胸まわりのあせもや吹き出物の原因になってしまいますので、速乾吸収性に優れたスポーツブラのほうがそのリスクを低減できます。

fotolia_107495372_subscription_monthly_m

 

2つ目の理由は、肌にフィットしずれにくい点です。ワイヤーブラなどで運動をすると、ワイヤーやブラ紐部分がこすれて痛みを引き起こし、最終的に黒ずみなどの原因になってしまうこともあります。その点スポーツブラは、体にきちんとフィットするので、こすれを気にせず、腕を上げ下げするなどの運動を伸び伸びとすることができます。

fotolia_107493280_subscription_monthly_m

また、ワイヤーブラなどえでは、揺れを抑えることができず、胸を支えている「クーパー靭帯」が切れてしまい、垂れに繋がってしまいます。クーパー靭帯は切れてしまうと元には戻らないので、そうなる前にしっかり対策を打っておきましょう。

 

sponsored link

コメント

down

コメントする




カテゴリー



sponsored link