バストの悩みを解決!バストアップの秘訣教えます。|バスト楽ナビ

バストアップしたい方、バストの大きさなどのコンプレックスにお悩みの方、垂れているバストに困っている方、バストにハリがない方、バストに自信がない方など胸の悩みをズバリ解決します。ブラの使用シーン・選び方や胸の病気・胸のケアの解説はもちろん、女性の方皆さんに知ってほしい情報が満載です。

ノンワイヤーブラのサイズ選び方4ポイント!【ブラジャーの基礎知識】

time 2017/10/12

ノンワイヤーブラのサイズ選び方4ポイント!【ブラジャーの基礎知識】

この記事は約 3 分で読めます♪


sponsored link

ノンワイヤーブラとサイズの関係って??

女性にとって欠かせないブラジャー、選ぶときのポイントとして最も重視したいのがサイズです。

いくら可愛くても、素材が良くても、サイズが合っていなければ垂れてしまう要因になりかねません。

しかし、多くの女性は自分のバストサイズをわかっているようで実はわかっていない、

そのためサイズ違いのものを知らず知らずのうちに着用してしまっている、なんてことも・・・。

 

ノンワイヤーブラはワイヤーがなく痛くない、フィットした着心地がメリットですが、

同時にサイズ選びで効果が左右されるブラジャーでもあります。

Fotolia_90149807_Subscription_Monthly_M

ノンワイヤーブラの選び方4ポイント

ブラジャーを着けたときに4つのポイントをチェックすることで、サイズが正しいかどうかの判断ができるようになります!

 

ポイント①:フロントホック

フロントホックの位置となる箇所が、上半身を動かしてもぴったりと密着し、動かない状態が正解です。

伸びをしてみたり、左右に肩を動かしてみて確認しましょう。

 

ポイント②:肩ひも

肩ひもはあくまでも補助の役割なので、違和感がないものが理想的です。

肌とこすれたり、少しでも痛いと感じたらサイズが合っていない可能性が高いです。

カップやサイドベルトで固定できていても肩ひもがずれてしまう時は、肩ひもの位置が内側のものを選ぶといいでしょう。

Hands of woman undressing brassiere. Close-up photo

 

ポイント③:サイドベルト

脇から背中にかけて支えている箇所がサイドベルトですが、緩すぎたり食い込んでいたりしないかどうか、背中でまっすぐになっているかどうかを確認しましょう。

 

ポイント④:カップ

胸がカップからはみ出していたり、余っていたりする場合はサイズの調節が必要です。

左右で胸の大きさが違う人も多いですが、その場合は大きい方に合わせて小さい方はパットで調節しましょう。

 

特に、カップとサイドベルトはブラのサイズを決めるときに基準となるアンダーとバストトップが大きく関係する重要なポイントなので、きちんと測るようにしましょう。

女性の胸

 

最後は全体を確認し、胸が寄りすぎたり離れすぎたりしていないかどうかを確認します。

同じサイズでもブラによって合う・合わないはありますので、アンダーとカップのサイズの確認はもちろん、

実際の装着感を確認するようにしましょう。

また、ブラのサイズは時間の経過により変化するので、定期的に計測をして自分のサイズを知っておくことも大切です。

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー



sponsored link