バストの悩みを解決!バストアップの秘訣教えます。|バスト楽ナビ

バストアップしたい方、バストの大きさなどのコンプレックスにお悩みの方、垂れているバストに困っている方、バストにハリがない方、バストに自信がない方など胸の悩みをズバリ解決します。ブラの使用シーン・選び方や胸の病気・胸のケアの解説はもちろん、女性の方皆さんに知ってほしい情報が満載です。

肩こりの真犯人は『胸こり』かも?胸こり予防講座

time 2016/09/28

肩こりの真犯人は『胸こり』かも?胸こり予防講座

この記事は約 3 分で読めます♪


sponsored link

胸こりって?肩こりとの関連は?

胸こりというのは聞きなれませんが、肩こりとどのような関係があるのでしょうか?

 

いわゆる「こり」は、筋肉が硬くなった状態です。

筋肉は使いすぎても使わなさ過ぎても硬くなり、血液循環が滞ったこりの状態になります。

 

胸こりというのはあまり言われませんが、実際、筋肉は全身にあるので、肩こりのように胸こりということも起こりえます。

こりが起こっている箇所では、筋肉の弾力がなくなったり、形崩れがおきます。

胸こりはそのままバストのハリを失わせ、スタイルの崩れにつながってしまうのです。

さらに胸と肩、この2部位のこりは実は密接に関係しています。

 

肩こりは肩の筋肉、つまり僧冒筋(背中上部の筋肉)や肩甲拳筋(首から肩甲骨にかけての筋肉)といわれる筋肉が原因になりますが、それらの筋肉プラス、大胸筋(胸全体の筋肉)と肋間筋(胸下部の肋骨の間の筋肉)が胸こりの原因になります。

つまり、胸から肩にかけての筋肉全体が原因で、肩こりや胸こりが起こります。

胸こりの解消が肩こりの解消にもつながるのです。

胸こりの予防と解消方法

では、肩こりにもつながる胸こりの予防と解消には、どのようなことが効果的なのでしょうか?

積極的に筋肉を動かすこともこりの予防にはなりますが、普段の生活でなかなか胸の筋肉は使いませんよね。

胸こりを予防し、また起こってしまったこりを解消するための、簡単なマッサージを紹介します。

1日1回程度、リラックスした状態で行うことがお勧めです。

お風呂上りなどにマッサージオイルやクリームを使って行うのも良いでしょう。

 

・大胸筋マッサージ

バスト全体の土台となる、大胸筋のつまりを取り除くマッサージです。

 

まず、右手で右側のバスト下部を下から支え押さえます。

バストを支える靭帯の損傷を防ぐために必ずこの部分は欠かさないようにしましょう。

そして、左手の親指以外の4本の指を使い、右側のバストの上部を内から外へ円を描くように30秒マッサージします。

左右を逆にして、同様に左側のバストについても行います。

 

こういったマッサージを毎日続けることで、胸こりを予防し、血液循環良くすることができ、肩こりの解消やバストサイズのアップにつながります。

ぜひ続けてみましょう。

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー



sponsored link