バストの悩みを解決!バストアップの秘訣教えます。|バスト楽ナビ

バストアップしたい方、バストの大きさなどのコンプレックスにお悩みの方、垂れているバストに困っている方、バストにハリがない方、バストに自信がない方など胸の悩みをズバリ解決します。ブラの使用シーン・選び方や胸の病気・胸のケアの解説はもちろん、女性の方皆さんに知ってほしい情報が満載です。

【垂れ胸×姿勢】の関係は?お手軽リフトアップ術をご紹介

time 2016/09/15

【垂れ胸×姿勢】の関係は?お手軽リフトアップ術をご紹介

この記事は約 3 分で読めます♪


!!

「以前よりも胸が垂れて下がってきたように感じる・・・」、「もともとほかの人よりも、もしかして、垂れているのでは・・・?」 など、胸が下がってきて悩んでいる女性もいるのではないでしょうか。

胸が下がるのにも原因がありますので、そのポイントをしっかりおさえつつ、リフトアップできる方法を紹介しましょう。

 

胸が垂れる原因とは?

①ホルモンバランスの変化

バストのハリを保つのに女性ホルモンのはらたきは欠かせないものですが、年齢や生活習慣によって、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減ってしまうと、胸が垂れる原因になります。

 

②猫背など姿勢が悪い

日頃パソコン等使用する時間が長く、前かがみの状態が続くと、胸まわりの血流が悪くなっていきます。血流が悪くなると冷えにつながり、バスト全体に栄養がいきわたらなくなり、だんだんとハリを失っていってしまいます。

 

③下着の間違った着用

ブラジャーのつけ方が間違っていたり、サイズがあっていないものをつけ続けている、1日中ブラすらしない日があるなど、間違った下着の着用を続けていると、お肉が流れていってしまい、垂れる原因になります。

Amazed stunned young woman in black bra measuring her chest over white background

簡単にできるリフトアップ術って?

①大胸筋を鍛えるようなエクササイズをしよう

大胸筋はバスト全体を支えているので、鍛えることでバストの垂れを防いでくれます。合唱のポーズや腕立て伏せなど効果的なエクササイズを実践しましょう。どれも5分ほどでできる簡単なものなので、自分で続けられるものを選ぶといいでしょう。

 

②姿勢に気をつける

姿勢は日頃のクセでもあるので意識して直すのがどうしても難しいという場合には、「姿勢矯正バンド」を活用したり、定期的に整体に通うと良いかもしれません。普段パソコンなど前かがみになりがちな人は、1時間に1回は伸びをするなどのストレッチを取り入れてみましょう。

 

③下着のつけ方を見直す

まずはのブラジャーのつけ方を見直しましょう。正しく着用できているからは、コチラで確認してみてください。また、年齢やバストアップにより大きさが変化しますので、定期的にバストを測ることを忘れないでください。自分に合ったサイズをきちんと着けましょう。

 

④からだを冷やさない

からだが冷えていると血行が悪くなります。血行が悪くなるとバストアップに必要な栄養がバストまで行き渡らなくなってしまうので、冷たい飲み物より温かい飲み物を摂るようにする、クーラーなどの効いた部屋ではカーディガンを羽織るなど心がけましょう。

Close up portrait of girl in black bra touching her neck

 

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー



sponsored link