バストの悩みを解決!バストアップの秘訣教えます。|バスト楽ナビ

バストアップしたい方、バストの大きさなどのコンプレックスにお悩みの方、垂れているバストに困っている方、バストにハリがない方、バストに自信がない方など胸の悩みをズバリ解決します。ブラの使用シーン・選び方や胸の病気・胸のケアの解説はもちろん、女性の方皆さんに知ってほしい情報が満載です。

離れ胸を寄せてキープ!効果的なエクササイズの方法は?

time 2017/10/16

離れ胸を寄せてキープ!効果的なエクササイズの方法は?

この記事は約 3 分で読めます♪


離れ胸は大胸筋や小胸筋をきちんとケアすれば改善が見込めます。もちろん、寝る時にナイトブラの着用を習慣化したり、正しくブラジャーを着用する等日々のみ重ねも大事ですが、エクササイズでさらに効果アップできるようにしていきましょう。

 

image01

 

①大胸筋を鍛える!

大胸筋は胸のちょうど下にある筋肉で、バストを支える土台になっていて、この大胸筋が衰えるとバストを支えることができなくなってしまい、胸が離れていきます。

猫背や長時間のパソコン作業や運転など日常の作業によって衰えていきますがきちんと鍛えることで、離れ胸を改善しつつ、キレイなバストを目指しましょう。

1.手を軽く握って、左右の手を掌を向き合うようにして合わせます。そのままの大勢をキープしたまま顔の前で両肘も合わせます。肘の位置についてはバストトップと同じ高さにするのがポイントです。

2.肘と掌を真横に開いて離します。開ききると写真のようになります。また元の位置まで戻しますが、バストをゆっくりと寄せるようなイメージで動作をしてください。腹式呼吸を意識して息を吐き出しながらやるとより効果的です。

3.元の状態に戻したら同じ動作を繰り返し20回は行って下さい。起きた時と寝る前のタイミングに、1日2セット行うことがなお理想です。

腹式呼吸をしながら実施すると腹筋にもよく効くので、ダイエットにも効果があります。

Women are trained the arm muscles

②小胸筋をほぐす!

小胸筋は大胸筋の中にある筋肉です。いわゆるインナーマッスルというものですね。

肩甲骨が上がり過ぎないようにする働きを持ち、この筋肉のおかげで左右のバストを真ん中に引き寄せることができます。

小胸筋がガチガチに凝り固まってしまうとその役割を発揮できなくなるので、定期的にほぐしてあげましょう。

バストの上から肩に行かないくらいまでの範囲をほぐしますが、その時におすすめなのがテニスボールです!テニスボールを手で転がすだけでもリンパの流れが良くなりますし、ひどく凝っているように感じる時には、テニスボールを床においてうつ伏せになり、左右や前後に体を動かすといいでしょう。

ほぐした後にはデコルテ周辺にボディクリームを塗るなどケアしてくださいね。

image00

sponsored link

コメント

down

コメントする




カテゴリー



sponsored link