バストの悩みを解決!バストアップの秘訣教えます。|バスト楽ナビ

バストアップしたい方、バストの大きさなどのコンプレックスにお悩みの方、垂れているバストに困っている方、バストにハリがない方、バストに自信がない方など胸の悩みをズバリ解決します。ブラの使用シーン・選び方や胸の病気・胸のケアの解説はもちろん、女性の方皆さんに知ってほしい情報が満載です。

母乳のトラブル(出すぎ・出ない)の原因と有効な解決方法とは?

time 2017/12/06

母乳のトラブル(出すぎ・出ない)の原因と有効な解決方法とは?

この記事は約 4 分で読めます♪


母乳が出ない、出すぎるという悩み、とても辛いですよね。

今回は、出ないより軽視されがちな出すぎることとも含めて、2つの悩みを解消できるように、その原因、解決策を探ってみました。

 

sponsored link

母乳が出すぎる原因

まず、1つには母乳が産後1週間から徐々に多くなり、2、3か月をピークにその量が最も多くなるので、出やすい時期になっていること。

さらには、搾乳のやり過ぎのケースがあります。

このような場合の解決策をご紹介していきますね。

 

母乳の出すぎの解決法は?

食生活

脂っぽいもの、甘いものを控えて、和食中心のものにしましょう。

また夜間は母乳が作られる時間なので、夜の食事を早めに時間にさらに低カロリーで抑えるなどの工夫をしてみましよう。

 

体を温めすぎない

血行がよくなると、母乳がよく出るのでお風呂に浸かるよりシャワー。

温かい飲み物より冷たい飲み物を選びましょう。

 

冷やす

保冷剤や濡れタオルで、おっぱいを冷やすのも方法です。

また冷やしたキャベツをあてるのもいいです。

キャベツの捨てる部分(外葉)を水で洗い、乳房に充てるだけでカンタンで、かつ、やわらかいので気持ちがいいようです。

 

適度な搾乳

搾乳はスッキリするほど絞るのではなく、片方の乳房なら、50mlくらいまでにとどめます。

そして、乳首でなく、乳房や乳輪のあたりを絞るようにしましょう。

今度は、母乳が出ない悩みの原因から調べて、解決していきましょう。

母乳が出なくなる大きな原因は多くありますが、主には、水分不足、冷え症、肩こり、ストレスなどが挙げられます。

ママの一日に摂る水分量は、赤ちゃんが飲む母乳の量も含めると、一日に3.5リットルも摂らなければならないので、そのため、水分不足となっているケースは多いです。

 

さらには、冷え症が原因のことも。

母乳は血液からできています。

体が冷えると血の巡りが悪くなるので、母乳の出も悪くなります。

また、肩こりの場合は、血流が悪くなることで母乳の原材料がうまく運ばれなくなり、母乳が出にくくなります。

さらに、ママのストレスが多い場合も母乳が出にくくなります。

 

母乳が出ない場合の解決方法は?

水分不足の場合は、のどが渇く前に水分をとることを習慣にしましょう。

また、母乳に良い成分を含むお茶を飲むと、他の要因の場合でも授乳の悩みが解消されたそうです。

 

冷え症

冷え症の改善には体を冷やさない服装をする。(特に、首、手首、足首)

湯船にゆっくりつかる。

ストレッチやウォーキングなどの軽い運動をする。

しょうがや根菜類を多く摂る。

 

肩こり

肩こり解消には、同じ姿勢を長時間しないようにする。

またビタミンB1、ビタミンE、マグネシウム、カルシウム、鉄分などを摂るようにしましょう。

 

まとめ

授乳、大切な時期だからこそ、自分のために、本当に好きなことをする時間をつくり、幸せを感じる時間を増やしていきましょう。

自分の幸せが、赤ちゃんが幸せになることなんだ。くらい考えたほうが、精神的によいのではないでしょうか?

なぜって、お母さんと赤ちゃんは、もともとひとつだったし、体が離れていても、本当はひとつだと思うからです。

 

Written by yuki kinoko

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー



sponsored link