バストの悩みを解決!バストアップの秘訣教えます。|バスト楽ナビ

バストアップしたい方、バストの大きさなどのコンプレックスにお悩みの方、垂れているバストに困っている方、バストにハリがない方、バストに自信がない方など胸の悩みをズバリ解決します。ブラの使用シーン・選び方や胸の病気・胸のケアの解説はもちろん、女性の方皆さんに知ってほしい情報が満載です。

最近急成長中の「もみほぐし」処。激安マッサージに行ってみた!

time 2017/08/07

最近急成長中の「もみほぐし」処。激安マッサージに行ってみた!

この記事は約 5 分で読めます♪


最近、街ナカに急増中のリフレクソロジーやマッサージ処。

なかには60分2980円なんていう激安店もあって、あまりのコスパの良さに効果のほどが気になりますよね。

そこで今回は、万年肩こり・背中こりに悩むAyaが、実際にマッサージ店に潜入して施術を体験してきました!

 

sponsored link

Re.Ra.Kuに潜入してきました!

今回私が潜入したのは、よく駅前などで見かけるRe.Ra.Ku。

清潔感のある内装で、女性でも気軽に入りやすい印象です。

今回は30分3880円の疲労撃退コースを選択。

店内は薄暗く、ヒーリングミュージックが静かにかかっていてこれは確実に寝てしまいそう‥

ちゃんと最後まで意識を保って無事にレポを終えられるのだろうか‥

と不安になりつつスタートです。

最初に立った状態で腕を上に伸ばしたり腰をぐるぐる回したり、現段階での体の可動域や肩甲骨の柔軟度をチェック。

ここでスタッフさんが、体の状態を目視でチェックしてくれるんですね。

毎日長時間パソコンに向かうことが多い私は、肩甲骨から肩周りにかけてガチガチにコリ固まっていて、ひどいときには皮膚がピリピリつっぱって痛いくらい。

ということで、肩甲骨と肩周りを重点的にほぐしてもらうようお願いしました。

 

いよいよ施術スタート!

最初は緩やかな力で腰回りからほぐしていきます。

整体に通っていた経験のある私にとってはちょっと物足りないくらいの力で、これで凝りがよくなるのかちょっと不安‥。

でも、腰から背中・肩・下半身‥と体がほぐれてくるにつれてピンポイントでマッサージされ、とくに肩甲骨の内側と肩は悶絶するくらいの激痛です。

最初は痛かった箇所も次第に「痛気持ちいい」に変わり、体がポカポカと温まってくるのを実感。

右利きのせいかとくに右側の肩甲骨のコリがひどかったらしく、念入りにグイグイマッサージしてもらいました。

今回のレポにあたり、睡眠チャージ充分・万全の体勢で臨みましたが、それでもマッサージの後半はあまり記憶がないくらい頭はぼんやりとして、脱力‥。

これこそ、マッサージによって全身の血の巡りがよくなった証拠なのかもしれません。

 

最後に、施術前と同じく体の可動域や肩甲骨の柔軟度をチェック。

たしかに、腰はさっきより楽だし肩甲骨も柔らかくなっている!!

いままでは肩を回すたびに肩甲骨がゴリゴリいっていたのが、施術後はスムーズに動かせてだいぶ良くなっているのを実感できました。

たった30分の施術でこんなに体が変化することに感動。

スタッフさんいわく「肩周りはほぐれたけど、肩甲骨の内側は凝りがひどくてほぐしきれなかった‥」とのこと。

コリがひどくなるまで我慢する前に、こまめに体のケアをしていい状態をキープすることが大切なんですね♪

 

施術後は好転反応なのか、とにかく眠くてボーっとして身体がだるい状態でした。

普段は寝つきが悪く夜中も何度か目が覚めてしまうのですが、その日はいつもより2時間も早く入眠。

普段よりもよく眠れて目覚めも良く、体もすっきりと軽くなっていました。

 

肩こり・背中こりはバストダウンの原因!

デスクワークなどで長時間パソコンに向かう習慣のある方は、常に肩がぐっと内側に入り込んだ猫背状態になりがちです。

この状態を放っておくと肩や背中の筋肉がコリ固まって関節の可動域が狭くなってしまいます。

また、可動域が狭くなることでさらに体が硬く縮こまり、血流も悪くなる‥という悪循環に陥ってしまいます。

姿勢が悪い状態では疲れて見える上に、バストラインが下がって老けて見えてしまいます。

見た目にもいいイメージがありませんよね。

コリを予防するといっても、セルフケアでは限界があるもの。

そんな時に、お手頃なマッサージ店を上手に利用して身体をいい状態にキープしておくことは、いつまでも若々しくいるために一番効率的の良い方法なのかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたか?

最近は安くて上手なもみほぐし処がたくさんあるようですよ。

「体が重くてだるい」「疲れが抜けきらない」そんな方は、体のケアのためにも美容のためにも、ぜひ気軽に利用してみてはいかがでしょうか?

 

written by AYA★

AYA

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー



sponsored link