バストの悩みを解決!バストアップの秘訣教えます。|バスト楽ナビ

バストアップしたい方、バストの大きさなどのコンプレックスにお悩みの方、垂れているバストに困っている方、バストにハリがない方、バストに自信がない方など胸の悩みをズバリ解決します。ブラの使用シーン・選び方や胸の病気・胸のケアの解説はもちろん、女性の方皆さんに知ってほしい情報が満載です。

気をつけて。 バストアップサプリを摂取してはいけないのは、こんな人!

time 2017/04/19

気をつけて。 バストアップサプリを摂取してはいけないのは、こんな人!

この記事は約 4 分で読めます♪


今話題のバストアップサプリメント。

今はバストアップに有効な成分が高配合されているものがたくさん販売されています。

飲むだけの手軽さで高い効果が期待できることから、すごく人気がありますよね。

でも、人によっては、健康に悪影響になったり、副作用で体調を崩す可能性もあるのです。

健康トラブルを起こさないためにも、どんな人が飲んではいけないか知っておきましょう。

sponsored link

バストアップサプリメントを飲んでは、いけない人!

1妊娠している人

女性ホルモンの“エストロゲン”、これは女性らしい身体をつくるホルモンです。

また女性ホルモンには、もう一つ、“プロゲステロン”というホルモンもあります。

こちらは、いわば身体をつくる、身体を育むホルモンで、精子と卵子の着圧や胎児の成長に役立つホルモンなのです。

妊娠すると、通常”エストロゲン“が減少し、”プロゲステロン”が増加します。

でも、バストアップサプリを飲むと、”エストロゲン”の方が多くなり、胎児の成長、身体を育む働きが抑制されてしまうのです。

最悪の場合、流産の可能性につながる危険も‥。

妊娠中は薬と同様、サプリも飲まないように注意しましょう。

2.妊活中の人

バストアップサプリの美容成分、”エストロゲン”が増えることで、ホルモンバランスが崩れ、精子と卵子の着床を阻害する可能性があります。

妊活中にサプリを摂取するのは、不妊の原因にもなりますから、控えるようにしましょう。

3.未成年の人

未成年の人は、バストアップサプリは摂らないほうがいいでしょう。

未成年の場合、”エストロゲン”がもともと多いのに、サプリに多く含まれる”エストロゲン”を摂取することで、過剰摂取になる恐れがあります。

作用が強すぎて副作用や、ホルモンバランスを崩すことになります。

副作用で強い頭痛や吐き気を感じることもあるので、未成年の場合、バストアップサプリは、控えるようにしましょう。

4.その他飲んではいけない人

さらに、婦人科系疾患のある方も控えるべきです。

子宮筋腫などがある場合、筋腫を大きくしてしまう可能性があります。

サプリ摂取で副作用のあった方も同様です。

頭痛や、吐き気、また生理が遅れたり、不正出血、基礎体温の乱れなどの副作用が出ることがありますから、注意して、使用を中止ししましょう。

また、早くバストアップしたいあまりに、用法や用量を守れないような方もバストサプリは、オススメできません。

ホルモンバランスなどをしっかり管理できないと健康に悪影響を及ぼすことにもなります。

まとめ

バストアップサプリが自分に合っていなかったからといっても、大丈夫。

エクササイズやマッサージなど、バストアップするための方法はほかにもたくさんあります。

あなたに合うバストアップの方法がきっと見つかるはずです。

理想のバストへ近づく道は、あなたの周りに、いくつもあるのですから。

 

Written by yuki kinoko

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー



sponsored link