バストの悩みを解決!バストアップの秘訣教えます。|バスト楽ナビ

バストアップしたい方、バストの大きさなどのコンプレックスにお悩みの方、垂れているバストに困っている方、バストにハリがない方、バストに自信がない方など胸の悩みをズバリ解決します。ブラの使用シーン・選び方や胸の病気・胸のケアの解説はもちろん、女性の方皆さんに知ってほしい情報が満載です。

小胸は肩甲骨が原因!?菱形筋を鍛えて美姿勢&美バストに♪

time 2017/02/24

小胸は肩甲骨が原因!?菱形筋を鍛えて美姿勢&美バストに♪

この記事は約 4 分で読めます♪


バストアップエクササイズというと、まず一番に思いつくのが大胸筋ですよね。

たしかにハリのあるまあるいバストになりたいなら、大胸筋を鍛えることがマストです。

でも実は、背中の筋肉を同時に鍛えることが重要って知っていましたか?

大胸筋と背中の筋肉を一緒にケアして、効率よくバスト美人になっちゃいましょう♪

 

sponsored link

バストアップに欠かせない「菱形筋」ケア

小胸で悩んでいる人の多くは、肩甲骨周辺の筋肉が衰えていることが原因だそう。

美しいバストラインを作るために鍛えたいのが、「菱形筋(りょうけいきん)」です。

菱形筋‥聞きなれない言葉ってひとも多いはず。

 

そもそも菱形筋とは‥

背中にあり、背骨と肩甲骨をつないでいるインナーマッスル。

肩甲骨を引っ張る大切な役割をしています。

現代人はデスクワークやスマホ使用など長時間同じ姿勢でいることで、菱形筋がこり固まってしまいがちです。

菱形筋が衰えると猫背姿勢や巻き肩の原因になります。

猫背姿勢だとバストが垂れて見えますよね。

猫背姿勢は楽なのですが、楽な姿勢でいることで大胸筋が衰えてしだいにバストのハリがなくなる→形が崩れてバストダウン‥という悪循環に陥ってしまいます。

さらに姿勢が悪いまま大胸筋エクササイズをしても、その効果は半減するという悲しい現実‥。

そしてもっとも重要なのが、菱形筋は大胸筋とは対の動きをする筋肉ということ。

大胸筋だけでなく菱形筋も同時に鍛えることで肩甲骨周辺の筋肉がほぐれて、関節の可動域が広がります。離れていた肩甲骨が背中に寄せられて姿勢が良くなり、バストラインも上向きになるんですね。

また、コリが解消されれば血の巡りや代謝もよくなるので、バストに必要な栄養や女性ホルモンが行き渡りやすくなって一石二鳥といえます♪

ほかにも

  • 頭痛・肩こりの解消
  • 不眠の改善
  • 代謝がよくなりダイエット効果アップ
  • リンパの流れがよくなる
  • 体の歪みの改善

などなど、女性にとって様々なうれしい効果が期待できます。

日頃の生活で凝り固まってしまいがちな菱形筋はストレッチを習慣にして柔軟にしておきましょう。

今回は、1日5分でできるお手軽ストレッチをご紹介します。

お手軽「菱形筋」ストレッチ

1.腕と脚を肩幅に開いた状態で四つん這いになります。

2.肩と片腕を内側に入れ込んで頭を床につけます。

3.逆側の腕を上にあげ、上半身をねじるようにして後方に反らしていきます。

4.肩甲骨の筋肉に効いていることを意識しながら、30秒ほどキープします。

5.逆側も同様に。左右交互に一日3~5セット行ってください。

 

まとめ

美胸とは大きさよりも形が大事。いくらバストが大きくても猫背姿勢では、バストが垂れて見え老けた印象になってしまいますよね。

バストが小さめでも背筋がすっと伸びていると胸が開いて上向きになり、ハリのある形の良いバストに見えます。

美しいバストを目指すなら、ボリュームアップはもちろん、美姿勢を意識してみましょう。

 

Written by AYA

aya_winter

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー



sponsored link