バストの悩みを解決!バストアップの秘訣教えます。|バスト楽ナビ

バストアップしたい方、バストの大きさなどのコンプレックスにお悩みの方、垂れているバストに困っている方、バストにハリがない方、バストに自信がない方など胸の悩みをズバリ解決します。ブラの使用シーン・選び方や胸の病気・胸のケアの解説はもちろん、女性の方皆さんに知ってほしい情報が満載です。

気になるバストのムダ毛…痛くない肌に優しい理想の処理方法とは?

time 2017/01/20

気になるバストのムダ毛…痛くない肌に優しい理想の処理方法とは?

この記事は約 5 分で読めます♪


いよいよ本格的な冬がやってきました。

11月には東京都心で54年ぶりの初雪となり、この冬の厳しい寒さを予感させましたね。

女性のみなさんはタイツや機能性インナー、また、あったか素材のニットやダウンコートなどを着込み、ばっちり寒さ対策をしていることと思います。

お洋服にすっぽり包まれてお肌を出す機会がほとんどなくなるこの季節ですが、ムダ毛の処理はどうされていますか。

夏場に比べ、どうしてもさぼりがちになっている方も多いのではないでしょうか?

冬でもスベスベお肌をキープして女子力をアップさせるために、今回は人にはなかなか聞けないバスト周りやバストトップのムダ毛のお手入れと、約7割の女性が行っているというカミソリを使ったムダ毛の処理についてご紹介します。

 

sponsored link

バスト周りのムダ毛をケアして、自信の持てるバストを手に入れよう!

あるスキンクリニックが行った男性に聞いた「女性のムダ毛で絶対に無いほうがいいと思うパーツについて」のアンケートでは

1位 ワキ 61.8% 2位 バスト 50.7% 3位 ひざ下 33.1%

※出典:マイナビニュース「女性のムダ毛、「絶対にないほうがいい」と男性から思われているパーツは?」 http://news.mynavi.jp/news/2015/06/04/029/

という結果でした。

注目は2位の「バスト」です。ワキや足の脱毛をしている女性は珍しくないですよね。

ですがバストはどうでしょうか?(私は普段見えないところだけにまったく意識していませんでした…)

 

バストのムダ毛で気になるものに全体の産毛やバストトップの太い毛があげられるようです。

胸は女性の身体の中でもデリケートな部位。お肌にかかる負担は最小限におさえたいですよね。

そういった場合、家庭用脱毛器や脱毛サロンでのケアがおすすめです。

ただしこれらは時間やお金に余裕がある場合…。

急な彼とのお泊りなど、「もう時間がない!」という時や予算的にもわりと手軽にできる処理方法をご紹介します。

 

カミソリを使った肌に優しい剃り方

1.準備

まず、処理する部分の毛を柔らかくした方が剃りやすいです。

入浴中であれば毛も水分を含んで柔らかくなっています。

ただし、同時に皮膚も柔らかくなっていますので、角質がカミソリの刃で削れやすい状態でもあるので、長時間湯船に浸かった後は避けましょう。

入浴時以外は濡れタオルをレンジでチンした蒸しタオルを使うと便利です。

 

2.シェービングクリームを塗る

何も塗らずに直接剃る「空剃り」は絶対にしないで下さい。

必ずクリームなどシェービング剤を塗った上で行うようにしましょう。

ワセリンでも代用できます。ワセリンはドラッグストアで手に入ります。

シェービング剤には2つの役割があります。

「肌の滑りをよくする」ことと、「カミソリの刃から皮膚を守る」ことです。

浴中にボディーソープの泡で代用する方もいますが、これはNGです。

肌の滑りは良くなりますが、肌を守るものとしては、あまりにも弱いです。

さらに、ただでさえカミソリで肌を傷つけているのに、その上さらにボディーソープが皮脂を奪ってしまうことで、肌の乾燥をも招いてしまいます。

 

3.剃る

毛の流れに沿って優しく剃ります。

このとき、毛の流れと反対方向に剃る「逆剃り」はNGです。

また、肌に押しつけるようなやり方もしてはいけません。

剃り終わったらクリームなどのシェービング剤はしっかり洗い流します。

拭き取りでOKな場合もあります。

 

4.保湿

カミソリで剃ったあとの肌は乾燥しがちです。

乾燥は美肌の大敵ですので、これを放置することを続けていると肌が汚くなってしまいます。

お手持ちの化粧水や保湿クリーム、ワセリンなどで保湿して下さい。

部位にもよりますが、顔ほどデリケートではない部分には、顔用の高価な保湿化粧品を使用する必要はありません。

※一部出典・参考:処理方法はムダ毛処理の「一番いい方法!」を見つけよう http://www.mudagesyori-datumou.net/

 

まとめ

いかがでしたか。
バストは女性らしさの象徴です。ツルスベのバストをキープしていつでも自分らしく輝いてくださいね。

 

Written by hal

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー



sponsored link