バストの悩みを解決!バストアップの秘訣教えます。|バスト楽ナビ

バストアップしたい方、バストの大きさなどのコンプレックスにお悩みの方、垂れているバストに困っている方、バストにハリがない方、バストに自信がない方など胸の悩みをズバリ解決します。ブラの使用シーン・選び方や胸の病気・胸のケアの解説はもちろん、女性の方皆さんに知ってほしい情報が満載です。

クーパー靭帯は治るの?必見!クーパーじん帯をケアする3つの方法

time 2016/11/28

クーパー靭帯は治るの?必見!クーパーじん帯をケアする3つの方法

この記事は約 5 分で読めます♪


加齢とともに、バストが垂れてきてしまうのは仕方ないもの‥。

できればツンと上向きのハリのあるバストをいつまでも保ちたいですよね。

そのために重要なキーワードが「クーパー靭帯」です!

この記事では、美しいバストをキープするためのケア方法をお伝えします。

 

sponsored link

クーパー靭帯とは?

バストは脂肪でできているとイメージしがちですが、女性のバストは

大胸筋、脂肪、乳腺、クーパー靭帯

の4つの部位から成り立っています。

バストの大きさが脂肪と乳腺で決まるとすれば、バストの形の美しさに大きく関わってくるのがクーパー靭帯です。

161128_eyec

クーパー靭帯は、乳腺を皮膚や大胸筋につないで、バストを持ち上げる役割をしています。

靭帯と聞くと太く強靭なイメージがありますが、クーパー靭帯はゴムのようにしなやかで繊細な繊維で、一度切れると二度と再生することができません

バストの垂れや形崩れを防ぐには、このクーパー靭帯が伸びきったり切れたりしないように守ってあげることが大事です。

 

クーパー靭帯が切れてしまう原因

161128_ins1

クーパー靭帯はとってもデリケートな組織。

何気なく行っている習慣が、クーパー靭帯を傷つけているかもしれません!

●ブラジャーをつけてない時間が多い

ブラジャーをつけていない時間が長ければ長いほど、その分バストに重力がかかりクーパー靭帯にとっては大きな負担になります。

ブラジャーはバストをきれいな形に整えるだけでなく、バストの下垂を防ぐ役割も果たしているんです。

また、「以前の記事」でもご紹介しましたが、就寝時のノーブラはバストに大きな負担をかけています!

寝返りを打つたびにバストの脂肪が脇側に流れ、長時間そのままの状態でいることでクーパー靭帯は伸び放題になってしまうんです。

さらにうつぶせ寝は体重がバストにのしかかり、バストの形が潰れたりクーパー靭帯が切れてしまう危険もあるのでご注意を!

●ジョギングなどバストが揺れる運動

ジョギングやダンス、ジャンプなどバストが激しく揺れるような運動は、バストが上下左右に揺れてクーパー靭帯が切れてしまう危険性が高いです!

●妊娠や授乳による影響

妊娠するとバストがどんどん大きくなります。クーパー靭帯も伸びますが、急激なバストアップに耐え切れずに切れてしまう可能性もあります!

また、授乳後はバストが縮みますが、伸びてしまったクーパー靭帯はもとに戻りません。

●加齢による影響

クーパー靭帯はコラーゲンでできています。

年齢を重ねるごとに体内のコラーゲンが減少していき、それに伴いクーパー靭帯も衰えてしまいます。

さらに皮膚がたるむことでバストがどんどん垂れてしまうのです。

 

バストの下垂を防ぐ3つの方法

161128_ins2○ブラジャーを着ける時間を長くする

「窮屈だから家にいるときくらい着けずに過ごしたい」という方も、美しいバストを保つためにはブラジャーの着用がマストです!

最近はノンワイヤーブラキャミと一体型のものなど、楽ちんな着け心地の機能的ブラがたくさんお店で売っています♪

また、就寝時は「おやすみ用のブラ」、運動時には「スポーツブラ」を身に着ける習慣をつけしょう。

○大胸筋・小胸筋を鍛える

クーパー靭帯を伸ばさないためには、大胸筋と小胸筋を鍛えることも有効です。

小胸筋には、バストを吊り上げる働き、背中側にバストが流れないようにする働きがあります。また、大胸筋にはバストを支える働きがあります。

この2つの筋肉を鍛えて、クーパー靭帯の負担を軽減しましょう!

クーパー靭帯が伸びてしまった場合でも、大胸筋と小胸筋を鍛えることで胸の下垂を防いでハリを復活させていくことができるんです♪

⇒ 大胸筋の鍛え方はこちら♪

○正しい姿勢をキープ!

姿勢が悪いとバストが下を向いた状態が長く続くので、重力の影響を受けやすくなります。

見た目にも胸が垂れて形が悪く見えてしまうので、意識して正しい姿勢を維持するように心がけましょう♪

 

最近ではメスや注射を使わず、光を当てることでバストアップする「光豊胸」手術が話題になっています。

この手術により、クーパー靭帯を復活させて上向きのバストに戻していく効果が期待できるそうです!

男性が女性のバストに求めるのは「大きさ」よりも「形」だそうですよ!

いつまでも美しいバストラインをキープするために、日ごろからケアを習慣にしましょう♪

 

Written by AYA

aya_winter

sponsored link

コメント

down

コメントする




カテゴリー



sponsored link