バストの悩みを解決!バストアップの秘訣教えます。|バスト楽ナビ

バストアップしたい方、バストの大きさなどのコンプレックスにお悩みの方、垂れているバストに困っている方、バストにハリがない方、バストに自信がない方など胸の悩みをズバリ解決します。ブラの使用シーン・選び方や胸の病気・胸のケアの解説はもちろん、女性の方皆さんに知ってほしい情報が満載です。

冬はバストが小さくなるって本当なのかどうか、いろいろ調べてみた。

time 2016/11/25

冬はバストが小さくなるって本当なのかどうか、いろいろ調べてみた。

この記事は約 5 分で読めます♪


  • なんだか最近バストにハリがない‥‥
  • 痩せたわけではないのに、胸がしぼんできた気がする‥

それは季節が関係しているのかも・・・?

今回は、「冬にバストが小さくなる」原因と、その対処法をご紹介します♪

 

sponsored link

冬にバストがしぼむ原因‥それは○○のせいだった!

161125_ins1体型キープに余念がない女性にとって、冬は大敵

下半身は太くなり、胸は痩せやすくなるといわれています。

冬にバストが小さくなってしまうその原因は、ズバリ「冷え」と「乾燥」

冷え症でお悩みの女性ってすごーく多いですよね><

寒いと身体が冷えて血行が悪くなります。そうすると老廃物が滞って、バストアップに欠かせない栄養や酸素がバストへ十分に行き渡らなくなってしまうんです。

さらに、身体が冷えると女性ホルモンの分泌も妨げられてしまうといわれています。

また、プルンとハリのある豊かなバストをキープするには保湿がとっても大事

みなさん、お顔はシワやたるみ対策のためにしっかりと保湿をしていますよね。

でも、バストの保湿を欠かさずしている方はごくわずかだと思います。

バストも顔と同様で、肌が乾燥すると弾力がなくなりたるんできてしまいます。

さらには、肌がカサカサだとブラジャーもずれやすくなります。

せっかく正しいブラジャーのつけ方でキレイに胸を寄せて谷間を作っても、谷間が崩れてブラジャーのカップがスカスカに。

ブラジャーがずれたまま放っておくと、バージスライン(胸の輪郭)が崩れたり、胸が潰れる原因になってしまうんです。

以前のコラムに「正しいブラの付け方」がありますのでぜひご覧になってみてください。

 

あたため・保湿・マッサージの3ステップでバストケア♪

161125_ins2秋冬の冷えと乾燥、対策を怠っていると、気が付いたときにはもう手遅れに‥!

しぼんでハリのない老け胸になってしまうかも!!

寒さが増すこれからの季節はいつも以上にバストケアに気を使いましょう。

 

まずは身体をしっかりあたためること。

血行をよくするには、夜のおやすみ前にゆっくり湯船に浸かる習慣をつけましょう。

身体の芯から温まって湯冷めしにくい半身浴がオススメですね。

入浴後には、肌が乾燥してしまう前になるべく早く保湿を忘れずに。

保湿クリームはフェイス用でも代用できますが、ハリのある上向きバストを目指すなら「コラーゲン」「ヒアルロン酸」、女性ホルモンと似た働きをする「イソフラボン」などの成分が入ったものを使うとより効果が期待できます♪

保湿クリームを塗るときには、一日中外気にさらされ冷えてしまったバストを優しく労わるようにもみほぐしも欠かさずに。

皮脂や胸ニキビ・背中ニキビが気になる方は、水溶性のジェルタイプやローションを使いましょう。

胸にはたくさんの血管が集まっているので、毎日5分続けるだけでも、かなりの違いが期待できるはずです^^

バスト全体に保湿クリームを伸ばして、

○外側から内側へ寄せたり、下から上へ優しく持ち上げるように。

○優しく揺らしてほぐしてあげましょう。

滞っていた老廃物が排出されて血行がよくなり、ポカポカとしてくるのを実感できるはずです。

あまり強い力で行うとクーパー靭帯が傷ついてバストラインが崩れる原因になるので注意してくださいね。

過去に紹介した「デコルテリマッサージンパ」も、バストアップを目指す女子にオススメですよ♪

「今は秋冬だし、露出する機会も少ないし‥隠れて見えないから大丈夫でしょ。」とあなどることなかれ!

来年の春夏、薄着の季節になったときにバストラインに自信をもっていたいなら、秋から冬の季節にかけてコツコツとケアを積み重ねていくことが大事なんですね。

 

Written by AYA

aya_winter

sponsored link

down

コメントする




カテゴリー



sponsored link